収入証明書なしキャッシング

最短30分のスピード審査だから即日振込OK!
所得証明書は50万円までなら原則不要!
プロミス公式サイトはこちら
アコム公式サイトはこちら

収入証明がいらないキャッシング

キャッシングに必要な収入証明書。揃えるのも面倒だし、いっそないほうが楽だな、と考えている方も多いはず。
また、いくらキャッシングとは言っても、自分の収入を赤の他人に見せるのは嫌なものです。私もそう思っていた一人だったので、いろいろ探していたのですが・・・。

なんと、源泉徴収票といった収入証明書がいらないキャッシング会社を見つけたのです!!

そこはネットですべての作業ができるので、来店の必要もなく、面倒もかかりません!しかも申込んだその日にキャッシング)ができるということで、お急ぎの方にも対応しています。

こんなより取り見取りのサービスを展開しているのは・・・

カードローン

プロミスのフリーキャッシング

プロミスフリーキャッシング

融資限度額:500万円 / 金利:年4.5%~17.8%


必要書類は本人確認書類です。

  •  運転免許証(コピー)

  • 【運転免許証を持っていない方】
  •  健康保険証(コピー)
  •  パスポート(コピー)・・・など

50万円以下なら収入証明書は原則不要!!
最短1秒の自動審査と正式審査も最短30分。
即日融資OK!
 (平日14時までに契約完了の必要があります)
30日間無利息サービス
プロミスがはじめての方で受取書面はWeb明細としメールアドレスを登録された方には、30日間無利息で利用できるサービスがあります。

プロミス



アコムのカードローン

アコムカードローン

融資限度額:800万円 / 金利:年3.0%~18.0%


本人確認書類が必要です。

  •  運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)

50万円以下なら収入証明書は原則不要!!
最短30分のスピード審査
最短1時間で融資が可能!
 (平日14時までに提出必要書類しアコムの確認が必要)
来店不要!アルバイトや派遣の方も申込みOK。

最大30日間金利0(ゼロ)円サービス
アコムへ新規契約された方限定サービス。返済期日を35日ごと契約された方が対象。契約日の翌日~30日以内に利用すると金利なしでの利用が可能なアコムカードローンは非常にお勧めです!

アコム







最近、キャッシングやカードローンのCMで収入証明書不要と耳にしますが、 収入証明書や所得証明書ってなんでしょう?
・ 源泉徴収票
・ 確定申告書
・ 給与明細書(賞与明細)
・ 所得証明書(住民税課税決定通知書等)
こういった物だと思いますが突然用意するとなると意外と手元になかったりしますよね。

源泉徴収票は、 給与や賞与の明細の中に紛れこんでいる小さな紙、あるいは年末調整の戻り金と一緒に貰ったりします。わかりやすく言うと、年収と支払った税金の額が明記されている書類です。確定申告の不要な人は、記入されている『源泉徴収税額』が所得税の確定額になります。しかし、この書類大事に取っておいたつもりでも半年位経つとどこかに行ってしまったりする事が多いです。
 
確定申告書は、 税務署で確定申告した人が持っている用紙ですね。この控えも大切に保管していなければ公的機関での税の証明と時に困りますね。自宅のパソコンから確定申告し郵送した場合、税務署の印鑑付き控えと言うものがないかも知れません。税務署へ行き、個人情報開示請求の手続きなどをしなくてはならないでしょう。税務署と言うことで行ける時間や曜日も限られていて、なかなか手続き難しいですよね。

給与明細書(賞与明細)は、 給料収入が毎月ある人なら毎月もらうと思いますが、男性などでありがちなのはその月の分だけ確認して処分してしまう、というのが多いのではないでしょうか。お金が口座などに入ってきて3ヶ月くらい経てば給料明細は必要ない気がしますいね。ましてや、賞与の明細など4ヶ月くらいたてば次の賞与の事で頭がいっぱいなので、紛失してしまうこともあると思います。

所得証明書(住民税課税決定通知書等)は、 これが一番難しそうな響きですね。よく、源泉徴収票と勘違いされるかたがいますが別のものです。証明対象年度、1月1日時点に住んでいた市区町村が発行する証明書です。住民税決定通知書や課税証明書が主ですが、いずれにしても市役所や区役所に行かなければならないので朝から晩まで働いてる人には手続き大変ですよね。
 
この辺りの書類をいざ急に揃えようと思うと独身男性などよほど、きっちり管理されている人でない限り厳しいかもしれませんね。キャッシングやカードローンしたい時って、そこそこ切羽詰まってるのでそう言った書類を揃える余裕もなかなか、ないですよね。

でも、50万円以下のキャッシングなら、パスポート、運転免許証、各種健康保険などの本人確認書があれば収入証明書不要らしいので助かりますね。


アコム






収入はあるが、収入証明書が無いという人がキャッシングを希望するという場合には、収入証明書不要の金融機関を利用するという方法があります。そんなところがあるのかと思う人もいるかもしれませんが、希望する借入額しだいでは可能なところが結構あるのです。例えば、50万円以内ならば収入証明書不要というところもあれば、100万円以内ならば不要といったように様々です。また、他社での借り入れ金額がいくら以下ならば、収入証明書不要というところもあるようです。ですので、収入証明書が無いからキャッシングは絶対に無理だろうと考えてしまうのはまだ早いので、収入証明書が不要な金融機関の情報を見てからでも判断は遅くはありません。

収入証明書というと、給与明細書だけと考えている人がいるかもしれませんが、実は確定申告書や源泉徴収票でも収入証明書として受け付けてくれる場合もありますので、借り入れを希望する金融機関に確認をしてみるというのも1つの方法です。現在は、銀行系から消費者金融系まで様々なキャッシングの種類がありますし、独特の審査基準を持っている金融機関もありますので、まずは諦めずに各金融機関のキャッシングの条件を調べてみる事をお勧めします。調べ方が分からないという人は、インターネットでそのような情報をまとめているサイトがお勧めです。1つ1つ金融機関のサイトを見て調べなくても、1つの専門サイトで解説がしてあったりもしますので非常に便利です。




即日融資ができて来店不要の金融会社
今すぐにでもお金が必要になってしまった時、いちいち来店して借り入れの申し込みをしている余裕はありませんよね。できればインターネットからすぐに申し込みができるようになっていて、審査もあっという間に終わり、そのまま即日融資を受けてお金うぃ受け取れるような状態でないと、困ってしまうものです。

審査がちょっと厳しくなっている銀行系のキャッシングですと、即日融資を受けるのは難しい可能性も否定できないのですが、消費者金融だったら大抵の場合は即日融資が受けられるようになっていますし、来店不要で申し込みをすることも可能となっているため、急いでいる人にも最適ですよ。もちろん、借り入れや返済まですべて来店不要で行えるようになっているので、誰にも会わずにお金を借りれてしまうんです。

返済は、銀行から引き落としにすることもできますし、コンビニ等の提携ATMから行えたり、インターネットから返済することも可能で、自由に選ぶことができます。24時間いつでも返済できますから、忘れないうちに返済することができ、安心できます。また、借りる時にも振り込んでもらえたりするので、誰にも会う心配がありませんし、利用していることもバレません。




無担保借入のメリットは担保不要と審査がゆるめという点
一般的に金融会社がお金を貸したり、融資をする時には担保を取るんです。担保っていうのは家や土地なんかの不動産がメインなんですよ。何で担保を取るかっていうと、貸したお金が返済されない時に担保として押さえていた不動産を売却して、それを返済に当てるからなんですね。でも、これじゃ担保のない人はお金を借りられないんですよ。金融会社の方でもお金を貸さないと儲けが出ませんよね。

そこで考え出されたのが、無担保借入なんです。一般的には無担保ローンとも呼ばれてます。これは担保がなくてもお金を貸しますということなんです。その代わり、担保がないので借りる金額は少なめに設定されてるんです。人気のキャッシングなんかは無担保借入です。また、自動車ローンや教育ローンやブライダルローンなども無担保借入になっているんですよ。

無担保なので誰でも借りやすいのがメリットです。でも、担保借入に比べると金利が高めになっています。でもこれは、無担保というリスクがあるので、仕方のないことなんです。無担保借入というのは担保が必要ないので、審査もゆるめになっています。人気のキャッシングなどでは、本人確認と給与明細書があれば利用できるようになっています。




主婦やフリーターだって、カードローンやキャッシングが必要な時があります。 そんなに高額でもないけど、少しだけお金を借りれるところがあれば…でも、収入証明書が…。 と困っている方が多いのではないでしょうか。 でも、よく調べてみると低額であれば主婦やアルバイトの人でもキャッシングできるらしいのです。 知っていましたか??

主婦の方などは、ちょっと必要なだけなのにわざわざ旦那様に給料明細借りたり、 旦那様の会社に源泉徴収票を依頼したり…考えただけで嫌ですよね。 夫婦の間で金銭問題で口論になるのが目に見えます。 そう言う事が夫婦の亀裂になるのは、よくある話ですから。

アルバイトの方なども給料明細無くしてしまったりすると、会社に言いづらかったりします。 何に必要なのかと聞かれ「キャッシングに」などとは言えません。 できれば、キャッシングやカードローンなどは誰にも知られずにしたいものですから。

そこで、、知っていただきたいのはコレです。 2010年に施行された貸金業法により、 1社のご利用限度額が50万円を超える場合、 または複数の貸金業者からの借入額の合計が100万円を超える場合、 貸金業者は収入証明書の取得が義務付けられました。 と言うことは50万円超えなければ収入証明書がいらないということなのです。 ここで借りようと、ある程度の消費者金融会社やカードローン会社が決まっているのであれば その点に着目してネットなどで調べてみましょう。 必要書類が明記してあると思いますが、限度額や借りたい金額の枠によって書類が違うハズです。 カードローンなどであれば100万円以内とハードルが低くなる事もあります。

ただ、気を付けて欲しいのは「融資金額に関係なく、収入証明書不要」 と言っている聞き慣れない金融会社は危ないかも知れないので注意してください!! 借り易いと思って手をだしたら大変な事になるかも知れないので。 そして、もちろん収入証明書は不要でも本人確認書類(パスポート・運転免許証・各種健康保険証) などは必要なので審査時には用意しておきましょう。 おそらく顔写真入の証明書でなければダメなので健康保険証とパスポートとか、 健康保険証と運転免許証などの組み合わせて審査されると思います。

この本人確認書だけあれば、収入証明書や所得証明証がなくても 低額なキャッシングやカードローンの審査がしてもらえるハズです。 大手の会社でも低金利なところは沢山あるので、金利や審査のスピードなどを 見比べながら借りる会社を選ぶのがいいでしょう。




このページの先頭へ